成年後見制度の基礎

2022.08.05

権利擁護センターぱあとなあ東京

 東京社会福祉士会は認定社会福祉士認証・認定機構の認証を受けた研修として、2022年度は標記の講座を2回開催いたします(研修認証番号:20160014)。
 本案内は第2回目の開催案内です。
 2回目にあたる今回は、定員に余裕があると思われますので、他県士会の方も①から④の受講要件を満たしていれば、受講が可能です。名簿登録は所属の各県士会の規定によりますので、本研修を受講したことで、名簿登録に進めるかどうかは各自でご確認ください。
 認定社会福祉士の方、既に名簿登録をされている方は認証研修として受講することが可能です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

本講座については、感染拡大予防のため、Zoomを用いた研修といたします。
なお、国や東京都の見解表明により、状況が変化した場合は実施できないこともありますので、ご了承の上、ご参加を検討ください。
日時
2022年11月12日(土曜日)
2022年11月13日(日曜日)
2022年12月10日(土曜日)
2022年12月11日(日曜日)
9時00分~17時00分
実施方法
Zoomによる双方向型の研修
(出席は課目ごとに確認します)
テーマ
成年後見人に必要な知識・技術を修得し、権利擁護の仕組みとして成年後見制度が活用できることを目的とした研修
講師
弁護士、司法書士、家裁職員、大学講師、社会福祉士など
内容
チラシ
対象
社会福祉士で、下記の要件すべて満たした方
①基礎研修Ⅲ修了者 もしくは 認定社会福祉士
東京社会福祉士会で2017年度以降に開催した「支援者のための成年後見制度活用講座」を修了した方。
③本研修の全講座に出席できる方。
④インターネット環境があり、Zoomによる受講が可能な方。
(Zoomによる研修は、マイクとカメラ機能があるPC、スマホ、iPad等で受講することができます。)
定員
70名
費用
52,000円(本会会員49,000円・テキスト代別)
申込
下記のURLからお申し込みください。
URL: https://1434f31f.form.kintoneapp.com/public/ff1e5aee345fcea6a7f7762073e461ba7f45890125422493140178be81b58a14
申込締め切りは、10月3日(月)です。
①定員を超えた申込があった場合は、当会会員で受任を希望する方を優先します。
②受講可否の連絡は10月下旬に郵送にて通知いたします。
③受講料の納入方法、事前課題等については、受講決定の連絡時にご案内いたします。
④Zoomにより常時映像で講義参加を確認します。受講の方法等は受講決定時にご案内いたします。

【キャンセル料について】
・受講者都合による受講料の返金は一切いたしません。
・自然災害等、当会の責に帰さない事由による中止の場合は、受講料を返金いたしますが、振込手数料はご負担ください。

【お問合せ先】
公益社団法人東京社会福祉士会 権利擁護センターぱあとなあ東京 事務担当 俵、松本
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-43-11 福祉財団ビル5階
TEL 03-5944-8466   E-mail partnerjimu@tokyo-csw.org
備考
 東京社会福祉士会は認定社会福祉士認証・認定機構の認証を受けた研修として、2022年度は標記の講座を2回開催いたします(研修認証番号:20160014)。本案内は第2回目の開催案内となります。
 本講座は、成年後見人に必要な知識・技術を修得し、権利擁護の仕組みとして成年後見制度が活用できることを目的とした研修です。本講座の受講対象者は、後見等を受任する会員のみならず、利用促進法の基本計画に基づき設置された中核機関等において権利擁護支援の相談援助を行う者が、成年後見制度の知識や成年後見人の役割を理解するための研修です。
 本講座の受講には、基礎研修Ⅲの修了とともに、「支援者のための成年後見制度活用講座」を修了していることが必要となります。また、ぱあとなあ東京の成年後見人等候補者推薦名簿に登録を行うことを希望される会員の方は、本講座を修了した後、2023年1月から開講予定の「名簿登録研修」受講が必要となります。