2021年度 第2回 支援者のための成年後見制度活用講座

2021.09.16

権利擁護センターぱあとなあ東京

 東京社会福祉士会は認定社会福祉士認証・認定機構の認証を受けた研修として、標記の講座を別表1のとおり開催いたします(研修認証番号:20160015)。
 本講座は、成年後見制度及びその関連する法制度を学び、成年後見制度における権利擁護の視点を理解し、成年後見制度の普及啓発を図ることを目的としております。

 また、2022年度に開講を予定している「成年後見制度の基礎(ぱあとなあ東京名簿登録研修受講要件)」の受講のためには、基礎研修Ⅲの修了とともに、本研修を修了していることが要件となります。ぱあとなあ東京の成年後見人等候補者推薦名簿に登録を行うことを希望される会員の方で2017年度から2020年度までの「支援者のための成年後見活用講座」を未受講の方は、本研修の修了が必要となります。

 2020年度、新型コロナウィルス感染拡大の影響による基礎研修Ⅲ開催中止に伴い、希望者が早くにぱあとなあ東京名簿登録できるよう、2022年度の「成年後見制度の基礎」と「ぱあとなあ東京 名簿登録研修」は、例年より前倒しで開催する予定です。
 基礎研修Ⅲ受講中のぱあとなあ東京名簿登録希望者で、当研修未受講の方は、必ずお申し込みください。

 ぱあとなあ東京成年後見人等候補者推薦名簿の登録を希望されない方でも社会福祉士有資格者の方は当会が主催する「成年後見制度の基礎」の受講が可能となっておりますので、成年後見制度の中核機関の役割を担う方や権利擁護の相談を受ける方等は、ぜひ、本講座の受講をお勧めします。

 上記名簿登録を希望されない方で、別表1の申込区分②の受講対象に該当される方は、本講座の一部を受講いただくことができます。成年後見制度の基本的な知識を身につけたい方は、ぜひ、お申込みください。

*新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、「緊急事態宣言」が発令され、東京都は「感染拡大警戒地域」と指定されております。このような状況下では集合研修を実施することが困難となっております。
本研修を認証している「認定社会福祉士認証・認定機構」により、「通学課程(集合研修)で認証されている研修の講義及び演習をZoom等を用いたWebで実施することについて、一定の条件の下、当分の間、変更すること」が認められることとなりました。
これらを踏まえ、本講座については、Zoomを用いた研修とすることに変更いたします。

 なお、国や東京都の見解表明により、状況が変化した場合は実施できないこともありますので、ご了承の上、 ご参加を検討ください。

日時
2021年11月27日(土)9:15~16:45
2021年11月28日(日)9:15~16:45
2021年12月25日(土)9:15~15:00
2022年1月9日(日)9:15~16:45(認証以外は13:00まで)
実施方法
Zoomによる双方向型の研修
(出席は課目ごとに確認させていただきます)
テーマ
成年後見制度の法制度と実務への活用について
講師
弁護士・司法書士・社会福祉士など
内容
チラシ
対象
社会福祉士、行政機関・中核機関(予定含む)、社会福祉協議会、権利擁護センター、地域包括支援センター、障害者相談支援事業所、医療機関等で成年後見に関わる相談業務に従事している方もしくは業務を担う可能性がある方
定員
80名
費用
認証単位取得 東京士会会員 28,000円
認証単位取得 東京士会非会員社会福祉士 31,000円
認証単位取得以外 東京士会会員 26,000円
認証単位取得以外 東京士会非会員 28,000円
申込
下記のURLからお申し込みください。
URL:https://form.kintoneapp.com/public/form/show/0443c86ed8d23834a3dadadf4a110f2a164bc258b398f2327ba283666acad54b
申込締め切りは、10月5日(火)です。受講可否は、10月28日(木)までに郵便にてご連絡します。
研修受講方法、受講費の納入方法、テキストの購入方法、事前課題、およびキャンセル等の扱いについては、受講決定の連絡時にご案内します。

【キャンセル料について】
・受講者都合による受講料の返金は一切いたしません。
・自然災害等、当会の責に帰さない事由による中止の場合は、受講料を返金いたしますが、振込手数料はご負担ください。
備考
1. チラシの別表2「カリキュラム」は、講師の都合等により、順番変更の可能性があります事をご了承ください。
2. 状況により、中止または延期の可能性がございます。その場合は、東京社会福祉士会ホームページにてお知らせいたします。