新型コロナウィルス感染症対策にかかる当会の研修会等の対応について(更新)

(更新日)2020.06.19
2020.04.22
2020.04.01
2020.02.20
事務局

 「新型コロナウィルス感染症対策にかかる当会の研修会等の対応について」報告します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための当会の当面の対応について(更新2020.06.19)

  新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴ない、当会では、主催する(センター・委員会の主催を含む)集合研修・イベントについては、6月末まで中止または延期としてまいりました。開催を予定していた研修に申し込まれた方には、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

 国による緊急事態宣言は5月25日に解除され、東京都では、6月19日以降はイベントの自粛が緩和され、収容人員1,000人以下でかつ収容定員の半分以下の条件であれば開催も可とされる予定となりました。

 こうした状況をふまえ、専門性向上のための研修の開催は当会の活動の大きな柱であることから、7月以降、ソーシャルディスタンスの確保など感染予防に十分に配慮したうえで、講義形式の集合研修・イベントについて慎重に開催の検討を進めていくことといたします。なお、グループワークなど演習を含む研修は、密集・密接という状況にならざるを得ないため、Zoomなどウエブの利用による実施を含め、開催の可能性を検討いたします。開催する研修・イベントについては、随時、ホームページに掲載いたします。

 なお、感染拡大の状況などの変化により、開催を予定した研修についても、再び中止・または延期となる場合があることをご承知おきください。

公益社団法人東京社会福祉士会 会長 後藤 哲男


新型コロナウイルス感染拡大防止のための当会の当面の対応について(更新2020.04.20)

 4月7日、政府による「緊急事態宣言」が出され、4月10日には都知事から「緊急事態措置」として、5月6日までの「徹底した外出自粛」と「施設の使用停止及び催し物の開催の停止」が要請されました。
 当会では、すでに4月末までの研修・イベントの中止・延期を決定していたところですが、上記の要請及び東京都内での感染拡大が続いている状況をふまえ、当会が主催する(センター・委員会の主催を含む)集合研修・イベントについては、当面、6月末までの間、中止または延期といたします。
 また、第8回定時総会は開催の必要があることから、「密閉」「密集」「密接」の「3つの密」を排除した開催方法を検討しています。現時点では、6月27日(土)を予定していますが、具体的な内容が決まり次第、お知らせいたします。

公益社団法人東京社会福祉士会 会長 後藤 哲男

新型コロナウイルス感染拡大防止のための当会の当面の対応について(更新2020.03.27)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、3月19日の政府の専門家会議では、市民・事業者へのお願いとして、「換気の悪い密閉空間」「人が密集している」「近い距離で会話をする」の3条件が重なった活動の自粛があらためて求められました。
 このような状況のなか、当会が主催する(センター・委員会の主催を含む)研修・イベントを原則として中止または延期する措置について、4月末日まで延長することといたします。

公益社団法人東京社会福祉士会 会長 後藤 哲男


新型コロナウィルス感染症対策にかかる当会の研修会等の対応について(更新2020.03.16)

 新型コロナウイルスの拡大防止のため、当会で予定している研修等について3月15日まで原則として中止または延期をしてきたところですが、3月9日に開催された政府の専門家会議では、引き続き「換気の悪い密閉空間」「人が密集している」「近い距離で会話をする」という条件がそろう場所に行くのを避けるよう求めています。
 上記を踏まえ、一般会員や市民の参加する研修・イベントについて、原則中止または延期する期間を3月末日まで延長することにいたします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月25日、厚生労働省が対策基本方針を示し、イベント等の開催について次のような考え方が示されました。

イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、専門家会議からの見解も踏まえ、地域や企業に対して、イベント等を主催する際には感染拡大防止の観点から感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう要請する。

 上記を踏まえて検討した結果、当会で開催を予定している研修等は、閉じられているかまたは狭い屋内の会場で人と人との距離も近く、飛沫感染のリスクも低くないことから、当面、3月15日までに開催する予定の会員及び一般の方が参加する研修・イベント(各センター・委員会の開催を含む)については、原則として中止または延期することにいたします。
 3月16日以降については、今後の推移をみながらあらためて検討・お知らせいたします。