【調査員募集】生活困窮世帯の訪問調査

2017.06.08

事務局

【調査員募集】生活困窮世帯の訪問調査。
研究代表者:小関隆志准教授(明治大学)による、日本における金融排除の実態調査の為、2種類の調査員を募集します。
概要
途上国や欧米諸国では、適切な金融サービスを利用できずに支障をきたす人が多くいるという「金融排除」の問題が顕在化していますが、日本ではまだ、金融排除の問題が充分に明らかになっていません。
そのため、様々な人の日常生活のレベルから金融排除の実態を明らかにするのがこの研究のねらいです。
応募資格は原則として社会福祉士、あるいはファイナンシャル・プランナーです。
■ファイナンシャル・ダイアリー(FD)調査 (2017年度)
・ファイナンシャル・ダイアリー(FD)調査とは:調査員が、調査対象者世帯の家計を1年間にわたり記録し、あわせて定期的に面談します。家計と聞き取りの記録を分析して、金融排除の実態を調べます。個人情報は徹底して保護します。
応募詳細はこちら
■インタビュー調査 (2017年度)
・インタビュー調査とは:調査員が、調査対象者に1回(90分程度)面談します。
応募詳細はこちら
URL
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~koseki/kibanC.html
問合せ先
〒101-8301
住所:東京都千代田区神田駿河台1-1
施設名・機関名:明治大学経営学部 小関隆志研究室
TEL:03-3296-2085(研究室) 080-9085-5274(携帯)
FAX:03-3296-2085(研究室)
MAIL:koseki@meiji.ac.jp